ひとりごっこ
OUTPUT..
FC2カウンター



プロフィール

*にゃり*

Author:*にゃり*
こんにちわ★*
音楽とバイトとcolorと
将来に悩む普通の大学生ですヽ(*・ω・)ノ。・:*:・゚'



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hyper【リーダーシップ育成プログラム】*2日目*(野外プログラム)
忘れないうちに二日目もしっかり記録。
(詳細に書いてるケド、宣伝DVDで公開されている範囲しかバラしてないので違反していないはず!!)
一日目とは違って二日目は野外でのプログラム。
myself&一日目に学んだコトを活かして本気の体感型プログラムでした。

とりあえずこの日のステージは山の中。

私生活じゃまずありえないコトをしてきました。!!!


まずは一つ目。
【ハイワイルドウージー】
前日に決まったパートナーと本気で信頼しあうプログラム。
要は8m上に登って、パートナーと手を繋ぎながら前進していく綱渡り、みたいな感じ。

合計10組で私たちは9番目でした。

これって渡ってる間だけじゃなくってそれ以外の時間にも役割があります。

8m登るときに必要なはしごを支える人。
2人それぞれの命綱を支える人。
上に居る二人にエールを送るみんな。

何一つ欠けても上手く行かないし
本気で支えないと命に関わります!!!

この役割ひとつひとつがリーダーシップ。

リーダーとリーダーシップは違います。
それを思いっきり体感出来たhyper。

1番目にチャレンジしみんなに勇気を与えてくれた人。
不安で涙を流しながらもやりきった人。
先にチャレンジしたみんなにパワーを貰ったおかげで

私自分の番になっても全然緊張しませんでした^^

8mとか普段絶対無理やのに(;´Д`)

パートナーが先に上登ってくれて
本気で私のコト信頼してくれて私が上に登ってくるの笑顔で待っててくれるし
他のみんなも本気で支えてくれるし・・
不安な要素なんて全然ありませんでした。^^

だけど・・・・・そうは言えどもはしご登りきって、その後、木登ってるトキはちょっと怖くて・・・
8m到着して、ロープの上に立ったトキは不安定な足元に恐怖を感じたりもしたけど
その瞬間、パートナーの目を見るコトだけに集中して、お互いに声を出し合って
一歩ずつ進んでいきました^^

バランスを保つにはお互いがお互いに体の全てを預けなきゃ進めません。
段々お互いの距離が広がって来るので余計に。

途中、目標ライン到達する前に
落ちそうになったけど片方の足でロープ支えて持ちこたえました。

怖かったのは最初の一瞬だけで進んでいくに連れてホンマに楽しくなってきたし
メッチャ笑ってました^^★
目標も達成できてホンマにパートナー信じて良かったし
みんなにも感謝しました。^^

パートナーの人はマイセルフでも同期(42th)で
最初っから全然不安なんてない!って感じの人でそのおかげで私は信頼しきって
委ねきってたケド、彼自身も私が上の登ってくるまでの間、本当は不安やったらしい。

お互いがお互いを支えあっていたってコトを改めて感じた瞬間でした。

そして
ホンマにここは安全空間やって改めて感じました。


そして
次は【パンパープランク】

マイセルフでは
最終日に自分にとって大切な人を呼んで
その人たちの前で自分のコアバリュー(大切にしたい考え方)や届けたい想いについて
全身全霊でプレゼンテーションしました。ヽ(*・ω・)ノ。・:*:・゚'
私のプレゼンに対してアキつんは涙を流してくれたし、全然知らないお客さんにも
共感だったり感謝されたりしました。それがホンマに嬉しかった。自分のプレゼンテーションに対してそれを聞いた人が何かを感じてくれるのがホンマに嬉しくて。
プレゼン=プレゼントやからただ自分がぶつけるだけじゃ意味が無くて
聴いている人にもプラスを与えること、それが共に勝ち続ける【WIN-WINの関係】やと思うし。


・・・でパンパープランクに話しを戻します(笑)

これは
さっきと違って今度は一人ずつの挑戦。

これも地上8m上まで登って

さっきよりも随分と狭い足場のトコからギリギリのラインまで進んで
そこで自分の想いをみんなの前でプレゼンして
想いを言い切ったあと
目の前(3mくらい先)にあるバーに向かってジャンプしてバーをつかむっていうアクティビティです。

これも支えるみんなが居て自分がいる。

しかもこれに関しては
上にいる人がバーに向かってジャンプすると同時に下でロープを持つ人がロープを緩めたり引っ張ったりしないと上に居る人が宙に浮いたり、あるいは、地上に向かって急降下してしまいます。

息を合わせるコトがホンマに重要。

これの順番も私は最後の方でした。☆

今思えば、後半ばっかりじゃなくって最初の方にチャレンジして後のみんなに勇気を与えるっていう先導的ポジションも味わえば良かったな~って思いますが。..^^

でも
最後になればなるほどプレッシャーも強かったし
そこに対してでも更に次の人に繋げる力とか
みんなに貰った勇気を保ち続けるコトとかそこは頑張ったと思う^^

結果から言うと
このトキも自分の順番が来ても全然不安じゃなかったし
笑顔で「行って来ます」が言えた。

木登りも不安定ながらも一歩ずつ着実に進めた。

8m到着した後は
足元がホンマにグラグラで風吹いたらすぐ揺れるし一歩ずつ進むとき
プレゼンする前に落ちるんちゃうか!?って思ったケド
意外と平気で

足場ギリギリのトコまで踏み込んで
そこからは思いっきりプレゼンテーションしました。

マイセルフ以来の久々の本気プレゼンやったケド
ホンマにありのままの想いをそのまま伝えることができたと思う。

バーまでの距離は意外と遠くて
ジャンプしてもギリギリ届かなかったケド(=メッチャスローモーションで真っ逆さま笑)

やりきれました・:*:・(*´ー`*人)。・:*:

しかもプレゼン終わった後に
私のプレゼンに対して感動したって言ってくれた子が居てそれがホンマに嬉しかったし(>_<)


あとそれ以外に自分が体感したコトとして

・後ろを絶対に振り向かない!前を見続ける!!
=これは日常にも言えるコトやなぁ~と。

あとは
・足元の不安以上に夢を語ることの楽しさの方が勝つなぁ~って^^★*
みんなの前で自分の伝えたい想いを熱く語るコトってホンマに楽しい!って単純に改めて感じました。

実際に、プレゼンをしてる途中で足の震えが止まった仲間もたくさん居たし。^^

この
アクティビティは
みんなのプレゼンが聴けたし
チーム内かなりトランスフォーミング(同じ想いの方向に向かって進んでいる状態)を作り出せたし

残り一個のアクティビティも絶対にやりきれる
って思えました^^


最後の
アクティビティは
【ウォール】です。hyperの集大成です。

立ちはだかる壁を全員が壁の反対側へ飛び越えるっていうアクティビティ。

これ一日目の最後にやったアクティビティとかなり似てて
全員の想いが揃わないと絶対に出来ないです。

しかも
やりかた(攻略法)だけを考えてるようじゃ絶対にこなせない。

在り方が大事、全員のベクトルが一緒の方向を向いていないと成功しないアクティビティ。


5分間の全体ミーティングの時に
一人の子が「何か不安に思ってるコトがあったら今言っちゃおう」って言ってくれましたヽ(*・ω・)ノ。・:*:・゚'
その中で一人の女の子が打ち明けました。

「未だに本気になれない」
「みんなの頑張りを一歩退いて見てる自分がいる」
「達成を本気で喜べない」
「みんながやってるから自分も挑戦しな空気が悪くなるしこなしてきた」
「信じたい気持ちはあるけど信じられない」

表現の仕方は違うケド
こんな感じでした。


私はこの子から正直いっぱい勇気貰ってたし
その事実は認めて欲しいっていうのがあって・・・

ホンマこの子普段はメッチャ元気な子で面白い子でチームのムードメーカー的存在やったし
だけど自分に素直でアクティビティにトライするときは泣きながら最初の方に挑戦してくれてたし

この子が周囲に与える影響力はホンマに凄くて
確かに存在してたし・・

だけど
当然この想いはしっかり本人に伝えたけど

こういう心境の時に必要なのは

周りの言葉じゃなくて自分自身で自己承認するコトや
「やる」と決めるコトが大事になってくるのだと思います。

人によってこの辺りは考え方が変わると思うけど

人生の全てが選択で
一つ一つの喜びや苦労や悲しみ・・・その全てが自分で選択しているコトだという考え方があって
私はそれを信じています。(信じるようになりました)


このトキの話し合い5分って言われてたのに
メッチャ時間掛かってしまいまさパパに叱られました・・。

そしてもう一度時間をもらって今度はしっかりと【ウォール】に対する意気込みや想いのもと
時間ピッタリに話し合いを終えました。
このトキはやり方と在り方のどちらもシェアすることが出来たと思います^^

そしてウォールに挑戦!!!!

前日のアクティビティが嘘みたいに全員がやりきりましたヽ(*・ω・)ノ。・:*:・゚'

もうホンマ一生懸命。
考え込む隙なんて無かった!!^^

思い切り声掛け合って支えて支えてもらって・・・ってして
全員が壁を乗り越えましたヽ(*・ω・)ノ。・:*:・゚'

みんな全力だった。







あの子を覗いては。・・


ウォール終わって
まさパパに感動したって言ってもらえましたヽ(*・ω・)ノ。・:*:・゚'

ウォール一回目にしてこの環境・空気を作り上げれるチームは初めてだと。★

だけど
さっきの女の子。
この子だけはやっぱり本気になれなかった。


まさパパを加えての全体シェア。

まさパパも「決める」ことだと彼女に言いました。
やる、と決める。
信じる、と決める。
↑これの深い意味、そして重要性はマイセルフやハイパーに来ると分かります笑

その女の子も
涙を流しながら(何度目の涙やろう笑)
「やる」と決めて

二度目のウォール。

一回目と関わり方が圧倒的に違った。
その子が頑張り続けてくれるコトから周りのエネルギー値ももっと高まって
トランスフォーマーしまくり
挑戦しまくりの貢献しまくりされまくり!って感じでした!!((*^皿^*))

そして

やりきった後

一回目よりもいい記録が出て
ホンマに全員が感動しました><

やりきった><

頑張りあえたことの感謝や達成感★*


こうして

アクティビティ全部終了。

残るは終了式(証書の授与)とhyper全体の感想。


・・

ちなみに

ココで更に壁にぶつかりました・・・。

一人ひとりがhyperで学んだコトをシェアしていきます^^
山Dも伝えて私も伝えて・・ってして残り5名くらいのトコで

一人の男の子がカミングアウトした。

自分もさっきの女の子と似た状況だと。

それ以上に
「他人をバカにしてしまう自分がいる」と。
「みんなが頑張ってる姿見ながらにして心のどっかでバカにしている」と言いました。

「アクティビティ挑戦してるときはその気持ちは小さくなるけど・・だけど消えずに残ってしまう」とのことでした。


それに対して
『どうして女の子が勇気を出してくれたときに一緒に言ってくれなかったの?』って声があがりました(>_<)


さっきの感動は・・・?
あの子の勇気は・・・?

そんな感情と共に
私はそういう人が居たことに気付けなかったコトに対して
反省しました(>_<)

どうしてもっと周りに気がつかなかったんやろ・・みたいな。
結局は自分の達成感しか見れてなかったんじゃ・・・って(っω;`。)
ていうか何より信じ込んでしまってて真実が見れて無かったな~って。

でもこれに気付かせてくれたコトに感謝。
何も知らないまま帰ることにならなくて本当に良かった。
その子のためにもみんなのためにも。


その子がhyperに求めにきたことは「他人を承認すること」で
もともと全部一人でやろうって思うところがあって
周りを心から信じることが出来なかったのだと後から気付きみんなの前で
告白してくれはりました。

最後の最後で彼の表情はホンマに明るくて
(彼のコアバリューには「(他人に)感謝」という言葉が加わりました^^)

全員の顔ホンマに一人ずつ見渡したけど全員が明るくて
やっと一つになれた!!ってホンマに感じることが出来ました(っω;`。)

最高の瞬間に立ち会えました!!!!


そして

帰りは大雄山駅までマラソンして帰り

最後に全体シェアを行って解散しました^^★


帰りの夜行バスまで
何人かで銭湯・・のはずが予算オーバー(笑)で
居酒屋さん行きました。(ドリンクは水!!笑)

そこで
メッチャ熱いトークを繰り広げて
解散。


みんなと解散した後も
山Dとはバス一緒やから待ってる間にいろいろ話しました。

ココでは聴いてるコトのが多かったケド・・。★

山Dに対して感じたコトいくつかありました。
だけどあえてこのトキは本人には伝えませんでした。
彼の成長を邪魔してしまうと思ったからです。。

でも
今度逢ったとき、もう一度話して
それでも感じることならちゃんと伝えよう。★

私が正しいとか彼が正しいとかはきっと無いし
それを分かち合うコトでお互いに新たな気付きに繋がればいいな~と思うし・・・。。。


**


以上が(とりあえず)hyperのアウトプットでした。

読んでくれた人・・(居たらw)ホンマにお疲れ様でした^^笑
スポンサーサイト
フィッツコンテスト!




地元の友達が投稿しはりました笑(o`・∀・´o)

目指せ賞金!!笑

私も出たいな~笑!!!!ヾ(*`∀´*)ノおもしろそーー!!!
hyper【リーダーシップ育成プログラム】*1日目*(屋内プログラム)
行って来ましたヽ(*・ω・)ノ。・:*:・゚'

木曜の夜行バス「横浜行き」に乗り
神奈川県の大雄山へ!。

マイセルフで学んだ知識をアクティビティを通じて体感してきました。

hyperは求めたものしか手に入らない、と思っていたので私はhyperへ行く前に目標を立ててました。



1・自分が周囲に与えるプラスの影響力を自覚し、自分に自信を持つ。(⇒そして自分と向き合う人に自信を与える関わり方が出来るようになる!)
2・みんなの中で自分が最大限に発揮することのできる役割(リーダーシップ)を身につける。
                                                           』
大きくはこの2つです。★
あとはチャンスは全部掴む!(機会があったら全部挑戦する!)

_____________________________________________________

二個前のブログにも書いたケド
私はマイセルフ終わってからも結局は自己承認しきれてません。

自分以外の人が輝いて見えて羨ましく思うコトとかいっぱいあるし。

だけどhyperへ行って、他己承認出来ずに悩んでいる仲間も居た。
どうしても他人を卑下してしまう自分がいるんだと悩む仲間が居た。
だけどその彼は自己承認はしっかりと出来ている。

私は「他人を認めるコトが出来る」って思うことにした。★
まずはその段階までの自分をしっかりと認めてあげようと思った。


一泊二日のプログラム。
短い間やけどメッチャ濃かった!!!!

具体的に何をしたかっていうのはネット上で書き込むの禁止されているので書きませんが
そこでの気付きはしっかり記録しておこうと思います^^



人の多くは
あらゆる目標に対してその時々で【達成型】と【貢献型】に分かれるようです。

リーダーシップを発揮するうえで大切なのは目標設定。

現状が1点のチーム。
その中で達成型の人は最初から100点を目指します。そしてエネルギー値を一気に高めます。
だけど貢献型の人はその目標を聞いて、エネルギー値が一気に低くなります。どのように貢献していいか分からないからです。

実際にアクティビティを通してこの状況を体感しました。

最大限の喜びを得るための目標設定。
この点数まで達したら自分は満足だ!って一人一人が思える=チーム全体の喜びに繋がる目標。

達成型の人と貢献型の人が存在するなかでどっちも満足する目標設定の仕方なんて私には分かりませんでした。

強いて言うなら、選択理論に基づいてどちらかが折れて「●点で満足すると決め」なければならないと思っていました。=どっちかが折れなきゃいけないと思ってました。

だけど実際にはそうじゃなかった~。

貢献型の人は着実に達成ビジョンが描ける少し前の目標を掲げたときにエネルギー値が高まります。だけど達成型の人は一度大きな目標ビジョンを描いてしまっているので貢献型目標では最大限の喜びは得れません。

リーダーシップが発揮できる人は、一回で達成に導きません。
まずは貢献型に合わせて目標設定をし着実に達成し、貢献型のエネルギー値を徐々に高め
一歩ずつ前の目標設定をし、最終的には達成型目標まで持ち込みます。★

こうして言葉にすると
なんてことないのかもしれへんけど・・私はスゲーーー!って思いました笑。
アクティビティこなしてる中で最初はこんな考え方全く出てこなかった。。

アクティビティの中では点数じゃなくって
タイムトライアルみたいな感じやったんやけど最初50秒くらいかかってたことが
最終的には7秒まで持って来れました!!(o`・∀・´o)
みんなのエネルギー値が高まらないと出来ない結果。
=みんなのエネルギー値を高めるためにはまず自分のエネルギー値を高めることが大事。


これが
hyper来て初めてのアクティビティでした。★
20名の仲間との初の共同作業!

*真のリーダーとは・・・
「目の前にいる人のモチベーションを上げ、ゴールを見せる働きかけをし、 そして良好な人間関係を作りながら、与えられた目標を達成する者」である。←ホンマその通りやな~って思った。




その後は

□チームの中での自分の役割を知ることの出来るアクティビティ。

私のその中での役割(リーダーシップ)は

中心に立ちみんなを先導するようなリーダーシップを発揮する人がいる中
チームの中での自分の存在を認めて、【声を出し続けるコト・応答し続けること】でした。
そうじゃなきゃみんなを不安にさせる
誰にも認識してもらえない
そんなプログラムでした。



□仲間と息を合わせることの大事さを本気で学べるアクティビティ。

仲間を信じてともに【チーム全体で共通の成功イメージを持つ】と上手くいきました。
自分ベクトルから他人ベクトルへ向けることの重要さ。

また、仲間を信じることから
わたしは自分が気付いたコトや感じたコトは全て伝えるようにしていました^^*

これは
他の場面でも。

アクティビティは2グループに分かれてするんやけど
各アクティビティを終える度に「全体シェア」の時間があるんやけど
私は毎回みんなの前で情報提供し続けました!。

みんなの前で自分の想いを発言することは私にとって正直「負荷」やし、だけど、だからこそチャンスやとも思っていたので。★
これは2日共に達成しました^^



その次のプログラムで
みんなが完全なるトランスフォーミング期(全員が同じ方向へ向かって突き進んでいる状態)に達しました。

ここだけ詳しく内容書くと
1m上の脚立に立って後ろ向きで倒れるっていうアクティビティです。

倒れた先で支えているのはセーフティマットではなく
向かい合わせに立った10人くらいのメンバーの腕(前の人と互い違いに伸ばした腕)と
その十人を後ろで支える残りのメンバーのみです。

恐怖心以上に信じる気持ちが無ければ挑戦することが出来ないプログラムです。

そこで
私は仲間を本気で信じるコトとまたそれだけでなく本気で信頼されることの責任を学びました。

実は一人目の挑戦者の時
みんなが支えきれませんでした。幸い頭は守ったし大きな怪我は無かったんやけど。・・

そこで不信感が募るはずのところなんやけど
その挑戦者は「信じてたから怖く無かったし、頭を必死で支えてくれたことに感謝したい。ってかもう一回挑戦したい!」って言ってくれました。

結果的に二回目はしっかりと支えることが出来たんやけど

この彼のアクションってメッチャ凄いことやと思った。

彼がみんなを信じて二回目を挑戦することによって
彼の次に挑戦するみんなの不安が軽減したし
本気で信頼するコトや信頼されるコトの責任をみんなが学んだ。

ここからのみんなの空気や流れが完全に変わったし
今までにないくらい集中できたしいい空間が築けた。

私も挑戦するみんなの姿を見て勇気もらったし、自分自身も全力で支えてたから
自分の時も同じようにみんなが全力で支えてくれる=だから大丈夫っていう自信もあって
逃れるコトなく挑戦できた。

このアクティビティ自体、(てか全てにおいて)
強制じゃなくてはしごの上に立つところまでは強制やけど、飛ぶかどうかは個人の自由やったんやけど
全員がこなすことが出来た。


ホンマにここでの気付きは多かったです><。!!


で、この後は夜ご飯食べて
その後はこの日最後のアクティビティ。

全員で戦略を考え同じ成功イメージを描きチャレンジするんやけど・・

結果からいうと・・・

初めての挫折でした。

まさパパ(トレーナー)からSTOPがかかりました・・・。
目先の戦略ばっか話し合ってて
今までのアクティビティでの学びが全然活かせていませんでした・・。

唯一達成できなかったアクティビィティ・・

挑戦したい気持ち持ってたのに途中でSTOP掛かったときはホンマに悔しかったです・・

やり方が重要なのじゃなくて
在り方、そしてそこからやり方を導くべきだったのにそれが出来なかった。
チームが全然一つになってなかった。

この後のミーティングでは
この日一日の感想や想いを全員が発言しました。

私は【もう一度hyperに何を求めに来たのか】を見つめなおして
この日の挫折の経験を活かして次の日にはエネルギー値高めて挑戦しようと思っていましたヽ(*・ω・)ノ。・:*:・゚'

正直
行く前に掲げた目標は一日目に達成していたので
後はひたすら全力でやるのみ!やと思ってました。★

長くなるので一端おしまい^^
(ココまで読んだ人。。。居たら有難う御座います><;;)
mixiで流行りの
na*miさんの恋人からお手紙が届きました。

--------------------------------------------------------------------------------

今日で付き合って1年。あっという間だったね。
ということで、今日ぐらいは真面目に手紙でも書こうかと思った次第です。おれにしては珍しい試みだけど。

とはいえ何から書いたらいいんだろう。
そういえば、おれに内緒で「na*miたんのお部屋」とかいうホームページ持ってるらしいな…(苦笑)。
まぁいいけど…。この話はやめよう。

そうそう、最近思うんだけど、na*miってすぐ「束縛とかのない自由な付き合いにしよう」とか言うよね。そういう考えはいいと思うんだけど、おれが同意していないのに自由すぎる気がする。na*miは結構モテるし、そのあたりは心配なんだよね、ぶっちゃけ。
na*miが浮気しそうなタイプには思わないけど、少し自由さを抑えておれに気を遣ってくれたらありがたいなぁと思う…。

na*miって、精神的にはかなり成熟していて、それでいて無邪気で、その両面を併せ持ってるってすごいと思う。ただ、そうだからこそ、na*miは男から人気があるし自分だけのものではない気がいつもしてる。
まぁこんな風にうだうだと言っていると、na*miは全然こんなこと気にしていなかったりして、はるかにおれより自由だから、空回りで終わることがほとんどなんだけどさ。
なんだかなぁ…。男なのに全然リードしてないな、おれ。

てか、記念日のわりに内容がひどいな…。話題が暗すぎる…。
よし、良い方向に話を変えよう。

なんだかんだ言って、おれはna*miには感謝してるんだ。
おれにとってna*miのイメージは、洗いたてで乾燥機から出したばかりのタオルみたいなんだよね(笑)。ふわっふわっとしているところとか、いいニオイがするところとか。あらためて振り返ってみれば、この一年間はタオルに包まれているみたいに居心地がよかったと思う。

na*miが言ってくれた「いつか二人で一緒にいる意味が、生きる意味にもなればいいね」っていうセリフをおれは今でも大切にしているから、これからも手探りながらにうちらなりに進んでいけたらと思う。na*miは自分が放ったその言葉、覚えているんだろうか。この手紙で思い出してくれたら嬉しいよ。

これからもたくさんの壁に当たると思うけど、一つ一つ乗り越えていこう。あ、あと金がないときでもちゃんとメイクはしてくれ(苦笑)。

では、これからも末永くよろしく。na*miがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.手相占いに行ったら「手が臭い」って言われて終わったらしいね。

_______________________________________________________
na*miさんについての分析結果は以下の通り。

--------------------------------------------------------------------------------

【こんな問題ありませんか?】
◆男性に好かれやすいが、好きでもない人まで惹きつける。
◆嫉妬や束縛をやたらとされる。付き合っていない人にまでされる。
◆彼氏の努力がイマイチだったり彼氏が弱音を吐いたりすると冷める。
【分析と課題】
世にパーフェクトな人などいませんが、こと恋愛においてパーフェクトに近いタイプを決めるとしたら、na*miさんのような人だと言えます。いい意味で肩の力が抜けていて、決して縮こまらず自信を持っていて、しかも男性への抵抗感があまりなく接し方も自然。まさに天然接客業のような人柄をしています。

しかし素敵で魅力的であれば問題が起きないかというと、その場合はその場合で、問題点もあるのです(主に自分以外の人の問題ですが)。例えば好きでもない人に好かれれば、いちいち避けていかなくてはいけませんし、それがパターン化されていると「気持ちがやってくる」ということに抵抗感を覚えるようになるかもしれません。追いかけるのは好きでも追われるのは苦手、になる可能性があります。

また自分だけで生きていけそうという雰囲気が、相手を不安にさせる可能性もあります。na*miさんには男性の友人も多いでしょうから、それが相手に脅威を与え、嫉妬や束縛をされる確率が上がるのです。na*miさんは「うっ…重っ」などと壁をつくらずに、相手に自信をつけていく必要があるでしょう。

また、おそらくna*miさんは自分らしく一生懸命に生きていると思われます。それに比べて彼氏がいまいちかっこ悪い生き方をしていると、げんなりするのではないでしょうか。na*miさんが見切りをつけず、相手の成長を促せるかが、真の「いい女」への関門だと言えるでしょう。
【恋愛キーワード】
「柔軟」「余裕」「いたわり」「相手いらず」
【最後に】
na*miさんは、あまり恋愛に困っていないかもしれません。普段の生活が充実している様子が、ひしひしとna*miさんからは感じられます。少なくとも「恋愛はどうにでもなる」ぐらいの自信はひそかに持っているかもしれません。

そんなna*miさんに何かをおすすめするのは気が引けるのですが、是非聞いてほしいことがあります。

na*miさんは、これまでいろいろな方面において「人並み以上」でいられたのではないでしょうか。ものごとの吸収が早く、恋愛でも紆余曲折の中で成長しながら、とても賢い生き方をしてきたのではないかと思われます。

しかし「恋愛」というのは、経験こそすれ、まだ学習したことがないのではないでしょうか。あれこれ考えたことはあっても、恋愛についてはあまり体系立てられた考え方を持っていないのではないでしょうか。まだまだna*miさんには「恋愛」という分野において成長の余地があると思います。

すでに素敵なna*miさんにも、さらなる進化のために、是非我々と恋愛学習に取り組んでほしいのです。恋愛マスターに近いポジションにいるからこそ、是非おすすめしたいのです。必要はありません、しかし、必ずやプラスになると思っています。



一回やってみたかってんヽ(*・ω・)ノ。・:*:・゚' 笑
人は自分に負荷を与えたときに
その苦痛が「成長痛」となり乗り越えたトキに大きな成長をするのだと学びました。
確かにそうだと思う。!

まずはやってみる。

だけどやってみることの不安や悩みははかりしれない!!!


一昨日、二回目の山Dとのシェアを行いました。
マイセルフでの経験とハイパーへ何を求めに行くのか についてシェアしました。

山Dと話してると思うことがあって

彼はWIN-WINの関係を目指してて
でも現状はLOSE-WINで
考え方も今の段階ではLOSE-WINだった。

それを本人も気付いて
多分気付いた今からこの先もどんどん成長していかはるんやと思う。

ホンッマ物事に対して考えすぎるくらいよく考える人でだからこそマイセルフの気付きも
物凄くいっぱいあって、いろんなコト話してくれた。

二人でシェアした後は高校時代お世話になった塾へ行き
そこで尊敬する先生とチューターの高校一緒の子M(アチーブメントに出会うきっかけをくれた友達)と山D(彼ももともとチューターで今月から復帰)とかで話してました。
Mさんに話しを聞けるきっかけなんて滅多にないのに言葉が出てこなかった・・。
山Dにも終始「口数減ったで!」「この時間もチャンスを逃してるで」って言われてました。
でも
聞きたいことが出てこなかった。・・
本当はいっぱいあるはずやのに。

もうなんていうか

またここで

いろんなコトにぶつかった。きがした><

私は自分が頑張り続けることで
自分に自信が持てない人や行動になかなか移せず悩んでいる人に
頑張るきっかけや勇気を与えたいって思う。

けどその反面、
自分と関わる人全てになんらかのプラスの影響を与えたい、
とか欲張った願望も持ってたりする。(と思う)


ちょっと語弊がある書き方するけど
自分より頑張ってる人や前に進んでいる人・考えをしっかり持っている人・明確なビジョンを持ってる人、とにかく自分に自信を持って着実に毎日を進んでいる人たちに
私が与えることの出来る力って何なんやろ・・って思った><;;

これを思ったのは
塾を後にして帰路に着いたときに
何で塾に来てから言葉が出てこなくなったんやろ。とか考えた時。


___????

↑↑改めて言葉にするとワケ分からん文章かも。

で、このままで終わりたくなかったからせめて伝えようと思って今日のコトを山Dに電話しました。
どれくらい伝えることが出来たかわからんケド。

私はまだまだやー。
でも
今の自分を認めるしかないからこうして日記に書いてみる。


私はまだ自分に自信なんて持てていない。
ケド
努力することを諦めません!!><

とりあえず今はものすごく負荷です><;;;

CHANCE!








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。